« Parallels Desktop 3.0 for Mac (Build 5060) vs. VMware Fusion 1.0 (Build 51348) その4 CNETの比較特集 | トップページ | Parallels Desktop for Mac RC(5144) »

2007年8月31日 (金)

iMac G5開腹手術

を昨晩しました。やる前にこちらのフォーラムで情報を集めると、iMac G5は熱で中がボロボロになっているのが多いという話だったのですが、わたしが買ったiMacちゃんは写真の通り非常にきれいな内臓で勘当感動しました。開腹手術では80GBの遅いディスクを抜いてSamsung T166 (400GB, 7200RPM, SATA II) HD403LJというやつを投入しました。今年に入ってからハードディスクはいきなり壊れたりハズレだったりしてびくびくしながら交換しましたが、今回のサムスンちゃんはアタリでした。500GB買っても良かったのですが、メモリ2GBと合わせて200ユーロが目標だったので400GBに落ち着きました。なぜ200ユーロが目標だったかと言えば、iMac G5を400ユーロで買ったからなんです(今日のレートで63000円ぐらいですなあ)。本体の半額以上をつぎ込むのは嫌だなと思いまして。メーカーがサムスンなのもコスト的な問題のためです。結局210ユーロぐらいになってしまいましたが。これで後は新型iMacを買えばPowerPCとIntelのどちらでも64ビットプロセッサでLeopardを試せます。

P1010001

« Parallels Desktop 3.0 for Mac (Build 5060) vs. VMware Fusion 1.0 (Build 51348) その4 CNETの比較特集 | トップページ | Parallels Desktop for Mac RC(5144) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iMac G5開腹手術:

« Parallels Desktop 3.0 for Mac (Build 5060) vs. VMware Fusion 1.0 (Build 51348) その4 CNETの比較特集 | トップページ | Parallels Desktop for Mac RC(5144) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック