« MacFUSE 4.0 | トップページ | ZFS »

2007年6月 7日 (木)

x86版のDarwineを試す その2.2

友人からわざわざWineHelperを立ち上げてオープンからプログラムを起動するのはウザいといわれましたが、もちろんWindowsアプリのアリアスを作っておけばデスクトップからアリアスをダブルクリックするだけで起動できます。アプリはユーザのホームディレクトリの.wine/drive_cの下にインストールされています。そこにある任意のexeファイルのアリアスを作るだけです。WineHelperやX11が立ち上がるのは変わりません。

« MacFUSE 4.0 | トップページ | ZFS »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: x86版のDarwineを試す その2.2:

« MacFUSE 4.0 | トップページ | ZFS »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック