« ファイルの分割と連結のUnixコマンド その3 (ガセネタ修正) | トップページ | Joostへの招待状 »

2007年5月 9日 (水)

PDFファイルの連結のPythonスクリプト (邪道)

いい加減な情報を流してしまったので、汚名挽回の為にシステムのライブラリのAutomatorフォルダを徘徊してPDF連結のPythonスクリプトを見つけましたよん。あ〜〜〜疲れた。パスはターミナルからですと下記のようになります。

/System/Library/Automator/Combine\ PDF\ Pages.action/Contents/Resources/join.py


このjoin.pyを/usr/local/binにコピーして使うことができます。で、肝心の連結のしかたは

join.py -o 出力ファイル 入力ファイル1 入力ファイル2 入力ファイル3


というふうにします。例えばデスクトップにあるhoge1.pdfとhoge2.pdfを繋ぎたい時は、

join.py -o Desktop/hogehoge.pdf Desktop/hoge1.pdf Desktop/hoge2.pdf


と書いて実行するとhogehoge.pdfに出力されます。でもやっぱAutomatorでやった方が楽そうですなあ。

« ファイルの分割と連結のUnixコマンド その3 (ガセネタ修正) | トップページ | Joostへの招待状 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PDFファイルの連結のPythonスクリプト (邪道):

« ファイルの分割と連結のUnixコマンド その3 (ガセネタ修正) | トップページ | Joostへの招待状 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック