« Google Desktop | トップページ | Google Desktop その2 »

2007年4月 4日 (水)

VMware Fusion β2

についての元麻布春男氏の週刊PCホットラインの記事を興味深く読みました。『基本的に仮想化は(中略)究極の性能を必要とするアプリケーション向けの技術ではない。』というのは納得です。MicrosoftがVista Home BasicとVista Home Premiumを仮想環境のゲストOSから除外したのはそういう理由だったのですね。確かに仮想化を企業向けのソリューションとして捉えるともちろんそうですし、VMwareの場合は特にそうでしょうねえ。でもコンシューマ向けの仮想化が広まった今では、わたしみたいな個人ユーザーは極端な話Windowsはバージョンが何であっても安くて使うソフトが動いてくれればOKと思いますけどね。

« Google Desktop | トップページ | Google Desktop その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VMware Fusion β2:

« Google Desktop | トップページ | Google Desktop その2 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック