« ファイルの分割と連結のUnixコマンド その2 | トップページ | 公式なメール文書の保存方法 »

2007年4月27日 (金)

コマンドラインでテキストからPDF作成

これはわたしもあまり使ったことがないのですけど、まとめてテキストファイルをPDFに変換したい時は使えます。テキストをPDFにコンバートしてくれるコマンドは

/System/Library/Printers/Libraries/./convert

です。使い方はオプション -f でインプットファイル名を指定し、オプション -o でアウトプットファイル名を指定します。

/System/Library/Printers/Libraries/./convert -f ~/Desktop/hogehoge.txt -o ~/Desktop/hogehoge.pdf

普通のコマンドみたいに

/System/Library/Printers/Libraries/./convert -f ~/Desktop/hogehoge.txt > ~/Desktop/hogehoge.pdf


としても大丈夫です。沢山のテキストファイルをPDFに変換する時はfor 〜; do 〜; doneを使うと良いでしょう。例えば、デスクトップにあるHogeフォルダに含まれるテキストファイル全てをPDFに変換するのだったら、

for i in ~/Desktop/Hoge/*.txt; do /System/Library/Printers/Libraries/./convert -f $i > ~/Desktop/Hoge/`basename $i .txt`.pdf; done

とすればうまくいきます。basenameコマンドで.txtを消し、新たに.pdfを付け加えます。

わたしは長いパスが嫌いなのでconvertコマンドを/usr/local/binディレクトリにコピーして使っていますが、リンクしても良いでしょう。ただ色々なモジュールを入れていると、convertという名前のコマンドが既に入ってしまっているかもしれません。その時は別名で保存しておけば大丈夫です。

« ファイルの分割と連結のUnixコマンド その2 | トップページ | 公式なメール文書の保存方法 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コマンドラインでテキストからPDF作成:

« ファイルの分割と連結のUnixコマンド その2 | トップページ | 公式なメール文書の保存方法 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック