« MacFUSEとNTFS-3gのパッケージが最新のものに | トップページ | ファイルの分割と連結のUnixコマンド その2 »

2007年4月26日 (木)

MacBookがベスト1000ユーロのノートブック

少し古いはなしですが、こちらのMIKROBiTTIというコンピュータ雑誌で1000ユーロクラスのノートブックの比較が掲載されていました。いつもAppleに対して評価が厳しいMSよりの雑誌だったので期待していなかったんですけど、な〜んとMacBookがベストの評価を得ていました。音声ファイルのMP3エンコードとファイルコピーのスピードからなる性能テストで1位、バッテリの持続で2位、静粛性で1位、スクリーンのコントラストで2位で総合1位でした。あと装備が東芝とMSIと並び同点最下位でしたがこれは納得(^^ OSはもちろんTigerテストしてましたが、ぶ〜ときゃんぷも大きなプラスとして言及されていました。MacBookのオーナーとしてはなかなか良い気分! あっ、そうそう、MacBookはCore2DuoではなくてCoreDuoの1.83Mhzのものでした。

« MacFUSEとNTFS-3gのパッケージが最新のものに | トップページ | ファイルの分割と連結のUnixコマンド その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MacBookがベスト1000ユーロのノートブック:

« MacFUSEとNTFS-3gのパッケージが最新のものに | トップページ | ファイルの分割と連結のUnixコマンド その2 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック