« ウェブアプリのPhotoshop その3(閑話) | トップページ | MS Officeは使える!? »

2007年3月15日 (木)

Intel MacとPowerPC Macのウェブブラウザの表示に置ける違い

今までプロセッサーの違いはあってもプログラムとかは全く同じかなと思っていたので少し驚きました。PowerPC Macで使っていた簡単なAJAXプログラムをIntel Macにコピーしたら北欧語特有のアルファベットÄÖÅäöåの表示がおかしくなりました。utf-8を使用しているので変だなと思ってあれこれチェックしたら、Intel MacではデータのXMLファイルのエンコードをISO-8859-1にしておかないと前述のアルファベットが文字化けすることがわかりました。これはSafariでやってもFirefoxでやっても変わりませんでした。以前は気付きませんでした。なんかしらのバグなのだろうか、それともAJAXプログラムがおかしいのかな。でもPowerPC Macではutf-8のままで全く問題はありませんのでバグでしょうねえ。

追記 ブラウザのせいではなくてIntel Macの設定がおかしいみたいです。

追記2 はい、やはり設定のミスでした。ユーザーのhttpd.confが間違った場所に置かれていました。いい加減な同僚にまかせたわたしがバカでした (-_-;) これは今のうちに全部チェックしておかないと後で大変そう(泣)

« ウェブアプリのPhotoshop その3(閑話) | トップページ | MS Officeは使える!? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Intel MacとPowerPC Macのウェブブラウザの表示に置ける違い:

« ウェブアプリのPhotoshop その3(閑話) | トップページ | MS Officeは使える!? »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック