« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月29日 (木)

Boot Camp 1.2

出ていますねえ! 時間がなくて試せません。Tiger版が今の時期で1.2ということはLeopardに載ってくるのは2.0かな。出張前の最後の書き込みでした〜 ということで、えすとにあへGo!

追記 これも出張前最後の追記。ITmediaの記事によると「韓国語、中国語、スウェーデン語、デンマーク語、ノルウェー語、フィンランド語、ロシア語、フランス語(カナダ)へのキーボード対応を果たした。」ということです。やった〜!日本語キーボードは除外?

2007年3月28日 (水)

Parallels (Build 3188)

が出ていますね。何が変わったんだろう?

追記 49.99ドルでもう一つ買えみたいなメール広告が送られてきましたが、何台もコンピュータを持っている人はこの際に買っておくと良いかもしれませんね。

フォーラムを見るとBuild 3188でParallelsの挙動がおかしくなった人がかなりいるみたいです。要注意かもしれません。わたしの場合今のところ何も問題は起きていません。

2007年3月27日 (火)

次期FirefoxはAcid2をクリア

ということで、Gran Paradiso Alpha 3を試してみました。Safari、Konqueror、Operaに続いてFirefoxもAcid2をクリア。AJAX関連も今まで通りしっかり動きました。これでいよいよInternet Explorerのみが取り残されたかな。

NeoOffice 2.1

フィンランドのフォーラムで動作が速くなったとレポートされていたので試してみました。確かに速くしかも安定しています。でも使い慣れていないので使い心地についてはまだ何とも言えません。しばらく使ってみようと思います。

Aptanaの続き

現実逃避を兼ねてネットを徘徊していたらこんなスレッドを見つけました。アプリケーションランチャーはPPC版であるが小さいプログラムなのでインテルマックでも問題なく動くということですが、確かにそうですね。もうすぐ公開されるユニバーサルバイナリ版はパフォーマンスや起動時間等で確認できるほどの違いはないそうですけど、やっぱりロゼッタが動いているとMacBook熱くなってしまうんですよね。まあ空冷台とか使っていれば気にならないですが。個人的にはロゼッタが動かなくなるだけでも御の字です。

2007年3月26日 (月)

マック用のフリーのHTMLエディタは何が良いか?

OSX用のHTMLエディタはあまり数が多くないですね。プロの方はアドビのDWを使う人が多いですが、毎日仕事で使うなら勿論買いでしょうが、そうでないとちょっち高すぎますよね。フリーでということになると機能がかなり寂しいものが多いと思います。以前にNVUも試してみましたが、ユニバーサルバイナリでない上に突然落ちたりして安定度が今イチでした。AptanaはJavaScriptもいじらなくてはならない時などに大変良いのですが、これもユニバーサルバイナリではありません。今は本当に簡単な処理をする時はTaco HTML Editを使っています。WindowsではEvrsoftのFirst Page 2006や1st Page 2000みたいな優れたフリーのソフトがあるので、マック用にもHTMLエディタもどこかフリーで良いものを出してくれないですかね。

2007年3月23日 (金)

コマンドラインから手軽にテキストのエンコード

最近Unixのコマンドラインの楽しさを覚え始めた同僚からけっこうこれはできるかあれはできるかというような質問を受けます。わたしも基本的には初歩+αぐらいしか知らないのですが、grepなんかを使い始めた人には仙人みたいな存在に感じるらしいです (苦笑)。今日のコマンドラインもそんな彼の質問の一つ。Windowsで作った大量のlatin-1のテキストをOSXに見合ったutf-8に変換したいけど良い方法はないかという質問でした。OSXでもコマンドラインだとutf-8で全てがうまくいくわけではないんですけどね。という本音はおいといて、OSXということと、コマンドラインで処理できれば良いというので、perlでしかもモジュールを使うという違法な方法を(といいつつ他の方法を知りませんし、調べていません ^^)紹介します。

perl -MEncode -ne '$butsu = encode("utf8", decode("iso-8859-1", $_)); print $butsu;' /Users/misa_bazooka/Desktop/moto_no_file.txt > Desktop/henkan_sareta_file.txt

斜体の部分を自分のものに取り替えればOKです。Encodeモジュールで他になにができるかはmanページで確認してください。で、ファイルがたくさんある時は下記のようにシェルのfor〜; do〜; done;を使うと良いでしょう。シェルの文の部分は太字にしてあります。

for i in /Users/misa_bazooka/Desktop/LATIN_1/*.txt; do perl -MEncode -ne '$butsu = encode("utf8", decode("iso-8859-1", $_)); print $butsu;' $i > /Users/misa_bazooka/Desktop/UTF_8/`basename $i .txt`_utf8.txt; done

例だと、デスクトップのLATIN_1フォルダーにあるlatin-1のテキストファイルを全てutf-8に変換し、basenameコマンドを使って名前に_utf8を追加してからデスクトップのUTF_8というフォルダーに出力します。

2007年3月22日 (木)

画像の拡大縮小を手軽にAutomatorで

昨日今日とあまり好きではない画像処理をやるハメに。しかもえ〜こんなにというぐらいの数。最初はsipsコマンドを使って拡大縮小ぐらいやろうと思っていたのですが、拡大縮小をパーセントではできない(わたしが知らないだけ?)みたいですね。仕方がないのでiPhotoでも使おうかと思っていたのでですが、思い出しましたよん。Automatorちゃんを! ファイルの大量処理とかいうとすぐにコマンドラインからしようとするのは病的でいけませんね。早速簡単なワークフローを書いてプログラムとして保存して試したら見事に動きました!(当たり前か)
手順は下記の通りです。

1. Automatorを立ち上げてFinderの項目から「Finder項目をコピー」を選んで右側のウインドウにドロップします。この時にコピー先のフォルダーも指定しておきます。わたしの場合は「結果」という名のフォルダーを選択しています。

2. 次にプレビューの項目から「イメージをサイズ調整」を選んで右側のウインドウにドロップします。わたしの場合は15%まで縮小。

3. 最後にこのワークフローをプログラムとして保存すれば、アイコンの上に画像ファイルをドロップすると自動的に指定したファルダーに拡大もしくは縮小したファイルをコピーしてくれます。

_1

スクリーンショットを撮るために日本語環境にしてみましたが、普段見慣れていないのであたふたしてしまいました (^^;

MigliaがEyeTVからTheTubeに乗り換える

といってもいたしかたなくというところでしょう。TVMini ExpressはTVMiniと実際は同じ製品かと思います。件のソフトTheTubeですが、画像の質といい機能といいまだまだEyeTVの敵ではないみたいです。こちらでは国営放送の字幕が映らないという問題が指摘されています。でもこれで今まで作った製品をそのまま売りに出せるので、Migliaにとっては悪い選択ではないですね。

2007年3月21日 (水)

VirtueDesktopsの開発終了

しばらく新しいバージョンを見ないなと思っていたら知らぬ間に開発終了していました。大変好きなソフトだっただけに残念です。でも開発者のTony Arnoldさんの「The sad fact is, that since June last year, it has all been effort poured into a product that has no future.」という気持ちは察するにあまりあるというところでしょうか。最終バージョンは0.54 Beta 2になりました。Arnoldさんの今までの努力に感謝!

2007年3月20日 (火)

やばさを感じる検索ワード

誰かこのブログに『吸入麻酔薬 ネットショップ』という検索ワードで来ました。公開している単語集が検索に引っかかったんだと思いますが、吸入方式の麻酔薬をネットで買おうなんて悪用以外考えられないでしょ。IPは押さえてありますので、なんかこの手の事件が起きたら警察に通報することにします。

Unixのメンテナンスコマンド

同僚からどうやったらUnixのメンテナンス処理をもとから設定された時間帯以外にできるのか訊かれたので書いておきます。簡単です。ターミナルを立ち上げて次のコマンドを書いてリターンを押すだけです。

sudo periodic daily (もしくは weekly もしくは monthly もしくは3つとも全部)

manページを見るとdailyは早朝、weeklyは日曜日の朝、monthlyは月の第一日目に処理されると書いてあります。主にログ関連のファイルが更新されるだけですのでこれらを行わないからと言って取り立てて問題が起こるわけではありませんが、コンピュータを消している時が多い方はたまに上記の方法でperiodicコマンドを実行しておくと良いかもしれません。

マトリックスみたいなターミナル?

本当は企業が隠している新製品に関する情報をを暴いたりするのは好きではないんですけど、もうこれだけ出回ってしまっては解禁でしょう。これってマトリックスの映画関係者から苦情が出ないのかな? X11にしても何となくレトロ調ですな。どうせだったらアクアから完全に方向転換して、ビスタがクサく見えるようにして欲しいですね。

コンピュータ会社はやってないですけど、自動車会社のニューモデルに関する情報は意図的に流しているものが多いです。特にF1で有名な某企業なんてヒドかったです。新洩出流魔牙神X(適当に解釈してください ^^)に自分たちで撮ったもうすぐ出るニューモデルの写真を流して代替え客離れを防ぐとかくだらないことやっていたもんね。今もあの調子でやっていたら怖いねえ。

2007年3月19日 (月)

マトリックススクリーンセイバー

前に探した時にインテルマック版のはなかったのですが、さっき暇つぶしに検索したら出てきました。こちらからどうぞ。まあ今更という気もしますが、バリエーションとして取っておく分には良いのでは。

Intel Turbo Memory?

マックではこれどうなるんでしょう。次期MacBookで採用してくれるのかな?

2007年3月15日 (木)

MS Officeは使える!?

CNETでMac版「Office 97」誕生秘話が掲載されていますが、なかなか興味深いですね。MS Officeは個人的には特に不満はないですし、仕事場のおかげで無料で使えるというのも少しはありますが、好きなソフトの一つです。色々とフリーのOfficeも使ってみましたが、最終的にはMS Officeの代わりにはならないですなあ。MacBUってもともとマックの優秀なプログラマーを集めたんだから、出来が悪いはずないんですよね。Windowsもこのぐらい気合いを入れて作ればもう少しまともになるのに。まともになってくれなくていいけど ^^
次のMS Officeもまともなことを祈る! 一番心配なのはWin側及び旧バージョンとの互換性です。

Intel MacとPowerPC Macのウェブブラウザの表示に置ける違い

今までプロセッサーの違いはあってもプログラムとかは全く同じかなと思っていたので少し驚きました。PowerPC Macで使っていた簡単なAJAXプログラムをIntel Macにコピーしたら北欧語特有のアルファベットÄÖÅäöåの表示がおかしくなりました。utf-8を使用しているので変だなと思ってあれこれチェックしたら、Intel MacではデータのXMLファイルのエンコードをISO-8859-1にしておかないと前述のアルファベットが文字化けすることがわかりました。これはSafariでやってもFirefoxでやっても変わりませんでした。以前は気付きませんでした。なんかしらのバグなのだろうか、それともAJAXプログラムがおかしいのかな。でもPowerPC Macではutf-8のままで全く問題はありませんのでバグでしょうねえ。

追記 ブラウザのせいではなくてIntel Macの設定がおかしいみたいです。

追記2 はい、やはり設定のミスでした。ユーザーのhttpd.confが間違った場所に置かれていました。いい加減な同僚にまかせたわたしがバカでした (-_-;) これは今のうちに全部チェックしておかないと後で大変そう(泣)

ウェブアプリのPhotoshop その3(閑話)

CNETにアドビのチゼンCEOへのインタビューが載っているけど、これを読むかぎりでは先日のASCII.jpの記事はやはりいい加減でしたね。アドビの広報担当もチゼンCEOと違うこと言ってはまずいでしょ。答える前に情報を確認しておけば良かったのに。編集部の記事になっているけど、二次情報専門のサイトでは今回みたいにいい加減な情報も書かれてしまうのだからもっとしっかりした取材をして欲しいですね。

チゼンCEOへのインタビューですが、CS3はVistaの新しいグラフィック機能等は活用していないけどIntel Macの機能はフルに生かしているというのはうれしい話ですね。

2007年3月14日 (水)

Tiger最後のアップデート(かな?)

10.4.9出ましたね。今のところ全て順調に動いています。これが出たということはLeopardの発表が近いのかな?

東芝 MK2035GSS 200GB その2

もうこちらの値段で177ユーロまで落ちていました。でもこの値段は在庫がないからかもしれませんね。

2007年3月13日 (火)

Seagate Momentus 7200.2出荷開始

久々にシーゲートのニュース。富士通よりも発表は遅かったですが、出荷は早いですね。でも日立の200GBで7200rpmのディスクが出たら値段は落ちるだろうな。フィンランドで流通するのは夏の終わり頃か?

ElgatoがMigliaへのEyeTVライセンスを停止!

ヨーロッパのAppleストアからMigliaのテレビ関連の製品が姿を消していたので変だなあと思っていたのですが、Elgatoの今日付けのPress Releasesにショッキングなニュースが。何でだろう? Migliaが儲けすぎたのかな? 本家よりもニーズに応える製品を作るのが上手だっただけに残念。TVDuoなんかElgatoのEyeTV Diversityよりもいいもんな。早く買っておけばよかった...

AppleScriptを勉強中

これが使いこなせるようになったら本当に便利だろうなあと痛感しています。が、今更ながらにやっているのは当然のことながら完全な現実逃避です(-_-;)

2007年3月12日 (月)

NTFS-3gのパッケージをまとめて公開

applenovaのフォーラムでNTFS-3gの新しいバージョンが出る度にパッケージを公開してくれていたShadowOfGedさん(Paulさん)がご自身のホームページでパッケージをまとめて公開しています。これでapplenovaのフォーラムをチェックしなくてもこちらをチェックしていれば新しいアップデートは手に入るでしょう。でも、applenovaのフォーラムは問題や解決策等も取り上げていますし、読んで勉強になると思いますが。

追記 PAULさんのパッケージは現在公開されておらず、ライセンスの問題もあったのでこのブログからのリンクをはずしました。現在はErikさんのブログで公開されているパッケージをお薦めします。Erikさんの公開しているパッケージはNTFS-3gのサイトからもリンクされており、信頼性・スピードともにPAULさんの公開していたパッケージよりも上です。


2007年3月10日 (土)

ファイルの分割と連結のUnixコマンド

今日マックユーザーになりたての知り合いに、画像ファイルやビデオファイルを小さく分割するにはどうやったら良いのか訊かれましたので書いておきます。Winの時は専用のソフトを使ってたとか。マックでもそいうのあるんでしょうけど、折角便利なUnixコマンドを使えるんですから、わざわざソフトをインストールして無駄にディスクスペースを使うこともないと思います。以下に挙げるコマンドは画像ファイルやビデオファイルだけでなくもちろんテキストファイルにも使えます。簡単な例だけを挙げますので、コマンドについて詳しくはmanページを見てください。

ファイルの分割にはsplitコマンドを使います。次のコマンドを実行すると

split -b 500k ビデオ.mpg

ビデオという名のmpgファイルを500キロバイトのブロックに切ることができます。オプション -b でバイトを指定し、数値プラス kでキロバイト数を指定します。500kを500mにするとブロックの大きさがキロバイトではなくメガバイトになります。オプションを -l にして数値を指定すると行単位でファイルが分割されます。次のコマンドを実行するとテキストという名のファイルを100行ずつのブロックに分割してくれます。

split -l 100 テキスト.txt

分割されたファイルはxaa xab xacというふうに自動的に名前がつけられます。分割されたファイルを元通りに連結するにはcatコマンドを使います。例えば、

cat xaa xab xac > ビデオ.mpg

とすることで先ほど分割されたビデオ.mpgファイルを元通りにすることができます。分割されたブロックが多い時にはイチイチ書いていたら大変なので * を使って

cat x* > ビデオ.mpg

とすると効率的に書けます。ただ、ファイル名が xで始まる他のファイルが混ざらないように気をつけないと、でき上がったファイルは元のファイルとは違うものになってしまいます。

以上のコマンドと他のコマンドをAutomatorなんかで組み合わせると便利なワークフローができるのではないでしょうか。

2007年3月 9日 (金)

Second Lifeを試してみました

MacBookのファンがぶんぶん回ってしまいましたけど、OS X版のソフトはしっかり動きました。なかなか面白いですね。まだ初心者なので覚えることがたくさんありそう。

2007年3月 8日 (木)

The WOW Starts Now!

こういうのってデザイナーが確かめもせずに使えそうな画像を組み合わせるから起きるんでしょうねえ。どこの国なんでしょうね。まともなiBookユーザーがこれを見てVistaを買うことはないでしょうが、アメリカ辺りだったら嫌がらせで買って訴訟に持ち込むパターンがあっても良さそう。

Win側のVM話だけど

笠原一輝氏のこの記事は後編に期待を持たせてくれますね。特にVista対応仮想化ソフトウェアの機能の表は後で重宝しそう。

2007年3月 7日 (水)

Olympus E-410

これ欲しいかも。でもこちらじゃすぐには発売されないでしょうねえ。

2007年3月 6日 (火)

今日のApple eNews - Japan

『Vistaにアップグレード? Macにする理由がさらに増えました。』(引用)

けっこうやりますねえ (^^
Parallelsユーザーとしてうれしいのが次の文。

『Mac OS X、XP、そしてVista。どのOSも使えます。 Intelプロセッサ搭載のMacなら「Parallels Desktop」を使って、Windows XPもVistaもあなたのMacの中。』(引用)

アップルさん。こんなこと書いているんだから、後からVMwareに乗り換えないでね!

手頃な値段で使えるドローソフトが欲しい

です。そういうのってないですかねえ? 色々試してみましたけど、フリーのものは仕事で使うには役不足、高いのは機能充実ですがそこまで払う気になれないという感じです。何かないやろか?

東芝 MK2035GSS 200GB

がフィンランドでも発売になっていますが、在庫ありの表示のあるネットショップはなさそうです。ということは問屋にもないでしょうねえ。価格は200ユーロ前後です。待っている間に日立の200GB/7200rpmのディスクが出てしまいそうですね。ただMacBookには東芝の省電力で発熱の少ないディスクの方が向いているかもしれません。

2007年3月 5日 (月)

UnicodeChecker 1.12

久々にMac OS X Downloadsのページに見に行ったらこんなものを見つけました。細かく見たい時に重宝しそう。

2007年3月 2日 (金)

ウェブアプリのPhotoshop その2(閑話)

Macお宝鑑定団経由でASCII.jpの記事を読みに行ったけど、この記事かなりいい加減な気がする。日本法人のアドビ システムズを取材するのはいいけど、(以下引用)

「ウェブアプリ版のPhotoshopが出るという話題は、米国を中心に展開されている“Photobucket”(フォトバケット)というコンテンツ共有サービスに、米国のアドビがFlashベースのオンラインビデオ編集ツールを提供すると発表したことに端を発している(2月21日のプレスリリース)。」

とか

「今回のニュースは、どうやら前者の“画像編集機能をASP化する”という話が、やや誇張されてインターネットを伝わったというのが、真相のようだ。」

というのはどうなのだろうか? 例えばCNET News.comの記事とかに全然目を通してないのかな? これ読んだら普通はAdobeのCEOがCNETにそう語ったとしか訳せないと思うんだけど。日本法人のアドビ システムズはこういう記事をふまえて答えているんだろうか。それともASCII.jpがCNET News.comの方に問い合わせしての話なの。

OS XでのNTFSサポートの時期

2月15日のMacFUSE 0.2.0 その2.2 (NTFS-3gに関する閑話)NTFS-3gのAboutページにアップルがNTFS-3gの主要開発者のAnton Altaparmakov氏をOS XでのNTFSのサポートを実現するために雇ったと書いてあると書いたのですが、この件が海上忍氏のOS Xハッキング!今日の記事でも言及されています。海上忍氏もLeopardに絡めてくると見ているようです。

が、わたしの2月15日の日記にしても海上忍氏の今日の記事にしても内容が既に旧くなっています。実はNTFS-3gのAboutページが2月21日にアップデートされていて、Anton Altaparmakov氏のソースコードの公開の時期が、最初の公開時期発表のあと数ヶ月後に「少なくとも2008年春になると変更された」と書き足されています。これでLeopardが発売になった時にどの程度のNTFSサポートを実現してくるのかが読めなくなりました。MacFUSE+NTFS-3gの組み合わせでできることぐらいはサポートして欲しいですね。もしかしたらLeopardではread-writeフルサポートだけどソースコードのLinuxコミュニティへの還元だけを遅らせるなんてこと? そういうことはないと信じたい... いずれにせよAnton Altaparmakov氏のソースコードの公開の時期が遅いということで現在のオープンソースコードベースのNTFS-3gの開発が速くなったんでしょうね。

Display Eaterがフリーに

なっていました。1分だけは邪魔なロゴ等が入っていないクリーンなデスクトップのビデオが取れるので、以前に急場を凌がせてもらったことがあります。久々に見に行ったらこうなっていました。フリーになったのはありがたいですが、経緯が残念ですね。今後オープンソースでの開発になると、この分野が売り手市場ではなくなって良いとは思いますが、まずはRezaさんに感謝。

Parallels Desktop for Mac (Build 3186) その2

忙しくてコピー速度等は試せてませんがたぶんβの時と変わりはないでしょう。しばらく試してなかったので気付くのが遅れましたが、Coherence modeでバックのWindowsのデスクトップのちらつきが気にならないぐらいまでに改良されています。Coherence modeで使っているプログラムをすばやく前後左右に動かすと未だ僅かながら見えますが。今日古のWord Perfectを使うハメになって、久々にCoherence modeを使ってみました。前はあまり実用では必要ないと思っていましたが、使ってみるとけっこう便利ですねえ。

2007年3月 1日 (木)

MacとWin共用の外付けハードディスクドライブのFS

ここ2週間ぐらい色々と探してみましたが、ただで済まそうと思ったら外付けハードディスクドライブをFAT32でフォーマットするのが一番無難ですかね。勿論大きなファイルをやりとりする必要がないのが前提ですが。わたしは5ギガバイトぐらいが通常なので、今はネット越しにやりとりしています。NTFSは書き込み速度が倍になればもう言うことないのですが、現状ではまだ使う気になりません。UFSはどうかと見てみたんですが、NTFSよりも使えません。

ウェブアプリのPhotoshop

Adobeやってくれますね。嬉しい驚き! これで初心者もお金を使わずに画像ソフトなどを気軽に試せるようになりますね。

MacTeX

なるものを試しています。700メガバイトの巨大ファイルはこちらからダウンロードできます。インストールには1,5ギガバイトのディスクの空き容量が必要です。使い心地は良さそうです。が、もうしばらく使ってみないと何とも言えませんねえ。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック