« MacFUSE 0.2.2 その2 | トップページ | Seagate Barracudaの500GBと750GBが »

2007年2月26日 (月)

MacFUSE 0.2.2 その2.1

肝心のコピーに使用したファイルについて書き忘れていましたが、以前から使っている100,7メガバイトで60のファイルを含むフォルダーです。NTFS外付けハードディスクからOS Xのデスクトップへの書き込み速度は下記のように誤差の範囲といえる違いで、速度に変化はありませんでした。

4) OS X <- NTFS外付けハードディスク
1分21秒


結局はOS XからNTFS外付けハードディスクへの書き込み速度がほぼ1MB/秒になったのが一番改良された点ですね。NTFS-3gはバージョン1.0のままですので、速度の改善は完全にMacFUSE側によるものです。これで書き込み速度が2MB/秒になったらもう実用的なレベルと言って良いのではないかと思います。

« MacFUSE 0.2.2 その2 | トップページ | Seagate Barracudaの500GBと750GBが »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MacFUSE 0.2.2 その2.1:

« MacFUSE 0.2.2 その2 | トップページ | Seagate Barracudaの500GBと750GBが »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック