« ゲーマーはVMwareを待つべきか? | トップページ | SleepXを試す »

2007年2月13日 (火)

MacFUSE 0.2.0 その2.1

色々なフォーラムを見てきましたが、NTFSへの書き込みが遅いのはLinuxのFUSEでも同じみたいですね。で、大きなファイルの書き込みの遅さはNTFS-3gに起因しているみたいで、下記のようなQuestions & AnswersをNTFS-3Gのサイトで(今更ながら)見つけました。

− Why is writing large files sometimes very slow?
− The block allocator and the related metadata updating algorithms are not efficient.
Solution: Please try the latest ntfs-3g release. There were major performance improvements with very positive feedbacks. More optimization is being implemented as our time allow.
− Workaround: NTFS defragmentation should also help.

内蔵ディスクのNTFSパーティションへの書き込みは遅いながらも気になりませんけどね。外付けディスクへのコピー速度はコピーが遅くてなんとかしないと実用性に欠けますなあ。折角NTFSのおかげでMac-Win間で大きなファイルを扱えるようになったのに、コピー速度があれでは...

« ゲーマーはVMwareを待つべきか? | トップページ | SleepXを試す »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MacFUSE 0.2.0 その2.1:

« ゲーマーはVMwareを待つべきか? | トップページ | SleepXを試す »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック