« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

Parallels Desktop for Mac (Build 3186)

出ましたねえ。取り敢えずアップデートして、実験は夜ですなあ。

2007年2月27日 (火)

マトリックスみたい

このThink Secretが掲載しているターミナルの写真のことです。本当なんだろうか?

MacFUSE 0.2.2 その2.2

applenovaのフォーラムでユーザー名ShadowOfGed氏がNTFS-3G 1.0.dmgを公開しています。ソースからインストールしてなかった人はこれを使えば簡単にアップグレードできますね。最後のベータから1.0にかけてはしっかりmakeできるようになってましたが、もうわざわざする必要ないでしょう。

Seagate Barracudaの500GBと750GBが

30ユーロ程値下がりしています。日立の1テラバイトのディスクが出たらもっとがくっと落ちそうですね。ATAですが、そのうちSATAも落ちるでしょう。肝心の日立のディスクの値段は変わっていません。何でや?

最近シーゲートは使っている友人からあまり良い評判を聞きません。Samsungの方が静かでスピードも速いということですが、実際はどうなのでしょう。Samsungのディスクは確かに静かで出る音も心地よいものですが。

2007年2月26日 (月)

MacFUSE 0.2.2 その2.1

肝心のコピーに使用したファイルについて書き忘れていましたが、以前から使っている100,7メガバイトで60のファイルを含むフォルダーです。NTFS外付けハードディスクからOS Xのデスクトップへの書き込み速度は下記のように誤差の範囲といえる違いで、速度に変化はありませんでした。

4) OS X <- NTFS外付けハードディスク
1分21秒


結局はOS XからNTFS外付けハードディスクへの書き込み速度がほぼ1MB/秒になったのが一番改良された点ですね。NTFS-3gはバージョン1.0のままですので、速度の改善は完全にMacFUSE側によるものです。これで書き込み速度が2MB/秒になったらもう実用的なレベルと言って良いのではないかと思います。

MacFUSE 0.2.2 その2

書き込み速度が上がっています。特に外付けハードディスクへのコピー速度が実用域に近づいています。

1) OS XからNTFSBoot Campパーティションへのコピー
12秒

2)NTFSBoot CampパーティションからOS Xへのコピー
13秒

3) OS X -> NTFS外付けハードディスク
1分41秒

MacFUSE 0.2.2

が出ています。まだ試していません。

やっぱりねえ

ITmediaさんの記事Microsoftが仮想化ソフトでVistaを制限した本当の理由だけど、防ぐ手だてがない以上サポートがあろうがなかろうが関係ないんじゃないの? 企業のサポートでも手に負えない事態になったらMSが責任を持って処理をしてくれるっていうんだったら話は別だけど、そこまでやってくれないんでしょう? と、マックカテゴリーにもかかわらずまたしてもWinネタでした。

2007年2月22日 (木)

ボタンだらけの完全他力本願検索エンジン

これは外観がちょっち凄い! 全部選んで検索すると全て別ウィンドウに表示されてしまうのね。使い方によっては便利かも。

手軽なDVDリッピングソフト MediaFork

フリーのDVDリッピングソフトを探していた方には良いニュースかも。MediaForkというソフトがβですが出ています。フォーラムを見るとシステムがフリーズした等の報告が... ということでわたしもダウンロードはしましたがまだ試していません (^^;
どなたか人柱お願いします〜!

MacFUSE 0.2.1 その2.2 (閑話)

先日お伝えしたMacFUSEのIssueページでのNTFSへの書き込み速度の遅さに関する話がとうとうFAQページに載ってしまいました。問題解決は簡単ではないようですね。

2007年2月20日 (火)

外付けハードディスクについて

お宝さんの今日のニュースで紹介されているバックアップボタン付きの2.5インチHDDケース X Craft 250ってこのままマック系のメジャーサイトで宣伝するのは問題があると思う。バックアップボタンってマックじゃ使えないんでしょう? そうしたら「バックアップボタン付き」なんてそのまま宣伝すべきではないでしょう。例えば括弧で「バックアップ用ソフトはWindows XP/2000/98/MEのみ対応」って書けばすむことだし。もちろん買う人は自分で調べるのが基本だけど、お宝さんみたいなメジャーサイトでああいう風に書かれていると誤解して買ってしまう人が出ないとも限らないのでは。まあ広告料貰っているから宣伝文句をそのまま受け売りしているだけなのかもしれないけど。

ガセですか?

先月のMacRumorsで今日なんかスペシャルイベントがあるという情報を掲載していましたが、ガセネタだったのかな? まあLeopardは間違ってもないとは思っていましたが...

2007年2月18日 (日)

プロバイダ制限法

日本は今頃になってやっと法整備されたんですね。知らなかった。根も葉もない誹謗中傷の的にされてしまった人には朗報ですね。例えばココログなんかでも今はすぐに生ログを出せるから、開示請求するのは簡単そうだし、今後は無責任な発言をする人はガクッと減りそう。誹謗中傷で開示請求されたら社会的地位は(そんなものがあったとしても)もうないも同然でしょう。下手したら職も失うかもしれないし。こちらでは普通に捜査願いを出せば警察がしっかり調べてくれるから誹謗中傷をする人は逃げ隠れできません。その気になれば当然名誉毀損で訴えることもできます。それ以前に掲示板管理者のモラルが高いから、お願いすれば誹謗中傷の類いはすぐに削除してくれますけどね。それにしてもプロバイダ制限法が施行になって困る人ってかなり暗い人生を送っていますなあ。

2007年2月16日 (金)

Parallels Desktop for Mac RC 3 & MacFUSE + NTFS-3g その1

前にしたテストではハードディスク等の条件が必ずしも同一ではなかったので、今回は条件を揃えてやってみました。一部参考記録が入っています。今回も使用したのはJPEG画像を60程含む100,7メガバイトのフォルダーで、OS Xはデスクトップがコピー場所です。 外付けハードディスクはUSB2.0のもの(日立製ATA2.5インチ、80GB)です。

1) 外付けハードディスクへのコピー

OS X -> NTFS外付けハードディスク
5分57秒

OS X -> Win XP (Parallels)経由 -> NTFS外付けハードディスク
40秒

Win XP (Parallels) -> NTFS外付けハードディスク
32秒

Win XP (Boot Camp) -> NTFS外付けハードディスク
7秒

参考記録
OS X -> HFS+外付けハードディスク
7秒


2) 外付けハードディスクからのコピー

OS X <- NTFS外付けハードディスク
1分20秒

OS X <- Win XP (Parallels)経由 <- NTFS外付けハードディスク
50秒

Win XP (Parallels) <- NTFS外付けハードディスク
3秒

Win XP (Boot Camp) <- NTFS外付けハードディスク
12秒

参考記録
OS X <- HFS+外付けハードディスク
5秒


3) OS XからNTFSBoot Campパーティションへのコピー
18秒

4)NTFSBoot CampパーティションからOS Xへのコピー
18秒

5)OS XからWin XP (Parallels)のデスクトップへのコピー
17秒

6)Win XP (Parallels)のデスクトップからOS Xへのコピー
2秒

MacFUSE 0.2.1

が出ています。CHANGELOGを見る限りでは何も新たにテストする必要はなさそうです。ParallelsRC 3 (Build 3170)も出ていますが、こちらは後でUSBの具合を調べてみます。でも今週末は引っ越しだし、時間があるかな...

OS Xのバージョンごとの電力消費の比較

って見たことがないような気がしますがどうでしょう。PC Watchの本田雅一氏の記事「Vistaインストールでバッテリ持続時間が短くなる理由」を読んで、例えばPantherとTigerではどうなっているんだろうというようなことを考えてしまいました。もうPantherは実験できませんけど、Leopardが出る前にTigerのデータを1回取っておきますか。

macally 2.5ハードディスク用外付けケース(MAC-TB-S120) その3.2

システムのバックアップ無事に終わりました。やはりFirewire(400)を使うとUSB2.0経由でコピーするよりもかなり速いです。時間にして20分ぐらい差があるのではないでしょうか(時間計測する気力はありません)。以前にUsb.brando.comさんから買ったFlourishingのケースと一緒に写真を撮ってみました。厚さで3ミリ弱太くて、長さでは10ミリ弱短いです。バックアップを取っている時はケースがかなり熱くなりました。手に持つのが嫌になるぐらいの熱さです。アルミ製ケースの効率が良いといえばそれまでですが、今まで使ったケースでここまで熱くなったものはありません。

P1010008aP1010010a

macally 2.5ハードディスク用外付けケース(MAC-TB-S120) その3.1

電源アダプターなしで動くのはFirewireだけで、 USB2.0の場合は電源アダプターなしでは動きません。わたしの場合は欲しかったのがFirewireですので問題ないですが、 USB2.0を多用される方は一考した方が良いでしょう。さっ、これからシステムのバックアップを取らねば。やっぱりFirewireっていいですねえ。

2007年2月15日 (木)

SleepXを試す

ADCのページからSleepXというツールをダウンロードして試してみました。わたしの環境では問題なく動いています。ネコのアイコンでけっこうかわいらしいツールです。紹介文では

”SleepX is a tool for automated sleep/wake testing on Mac OS X. Using SleepX you can set the number of sleep/wake cycles, the delay between cycles, and how long the machine should sleep.”

となっています。使い道はあまりないかもしれませんが、遊ぶにはちょうど良いですねえ(使い方を完全に間違っている!)。ADCのメンバーでないとダウンロードできません。手っ取り早くメンバーになって試してみたい方はこちらからどうぞ。

2007年2月13日 (火)

MacFUSE 0.2.0 その2.1

色々なフォーラムを見てきましたが、NTFSへの書き込みが遅いのはLinuxのFUSEでも同じみたいですね。で、大きなファイルの書き込みの遅さはNTFS-3gに起因しているみたいで、下記のようなQuestions & AnswersをNTFS-3Gのサイトで(今更ながら)見つけました。

− Why is writing large files sometimes very slow?
− The block allocator and the related metadata updating algorithms are not efficient.
Solution: Please try the latest ntfs-3g release. There were major performance improvements with very positive feedbacks. More optimization is being implemented as our time allow.
− Workaround: NTFS defragmentation should also help.

内蔵ディスクのNTFSパーティションへの書き込みは遅いながらも気になりませんけどね。外付けディスクへのコピー速度はコピーが遅くてなんとかしないと実用性に欠けますなあ。折角NTFSのおかげでMac-Win間で大きなファイルを扱えるようになったのに、コピー速度があれでは...

ゲーマーはVMwareを待つべきか?

面白いビデオが出ています。ParallelsのCoherenceモードみたいな感じでWin版ゲームが動いています。βではあまり強烈な印象はなかったですし、ゲームをしないわたしには関係ないですけどこれはなかなか凄いかも。しかもAeroのサポートもですかあ。Parallelsの今のβにはDirectXサポートは間に合わないでだろうなあ。マックユーザーにとってはますますおいしい競争になりますね。

2007年2月10日 (土)

サファリって便利! YouTubeで落としまくり

またまたやっています。仕事がたまっているにもかかわらず... イルカのジョナサンさんリンクをありがとうございました。やはりビデオ付きで聴くと全然違いますね!

16ギガバイトのUSBメモリ

インテルマックはUSBディスクからの起動がサポートされているのでこういうの買って緊急時のシステムをぶち込んでおくと便利かなと思うんですが、まだまだ価格がこなれていないですね。携帯用の外付けハードディスクに比べて利点はサイズと壊れにくさですが、システムを入れたら本当に緊急用+αぐらいでしか使えませんね。これが50ユーロぐらいだったら買うんですけど、まだ2〜3年待たねばならないでしょう。もうちょっと金を使いすぎているし、Leopardが出るまでは緊縮財政でいくか。

macally 2.5ハードディスク用外付けケース(MAC-TB-S120) その2

先日お伝えしたmacallyのSATA2.5インチハードディスク用外付けケースですが注文しちゃいました。でもどこ見ても在庫なしなのでヨーロッパに入ってきてないんでしょうね。今から注文しておけば夏前には手に入るかな。アメリカと日本のmacallyのページではこの製品は載っていないですけど、もしかしてヨーロッパ専用モデル? ちょっと勘ぐるとアメリカで別のところが売っている良く似たケースをmacallyが自社ブランドで売るということなのだろうか? 写真を見る限りでは全く同じ製品に見えてしまうんですけど... まあ良いものだったらメーカーは関係ないですけどね。

MacBookの相棒にEDIROL R-1かMARANTZ PMD 660か?

仕事でもバッチリ使えるポケットサイズのデジタルレコーダーが欲しいとずっと思っていましたが、EDIROL R-1MARANTZ PMD 660のどちらにしようかで迷っています。日本だったら選択肢は色々とあるのでしょうね。

音声ファイル編集ソフトはsteinbergWaveLabを仕事場の方で買ってくれているのですが、レコーダーを買うならそろそろマック用のソフトが欲しいところ。気になっているのがアドビのSoundbooth。ベータをテストした限りではなかなか使いやすいです。どのぐらいの価格になるのかな。

2007年2月 9日 (金)

ネットでは消息不明は不思議ではない?

以前にここでも消息不明と書いたhittvですが、今日再びググってみましたがヒットするのは古い記事ばかり。やはりなくなってしまったのかな。なくなったのは別にしかたないけど、ネットを徘徊してもその理由が見つからないというのはどういうことなんだろう。hittvを宣伝していたMacテクノロジー研究所さんでもそれについては全く触れていないし。昔これと同じように突然更新が止まってそれっきりになってしまったMac the Fork (最初のうちはLでFolkと書かれていましたね)という有名なページがありましたね。当時検索をするとこのページの更新を楽しみにしていた人が多かったのに、更新が止まってもそれを不思議がる人もいなかったような記憶があります。こちらの場合は更新が止まってから何年もしてからどっかの掲示板でMac the Forkが誰か(という予想)が書いてあったので、止めた理由がなんとなく想像つきましたけど。ネットではこういう突然の終わり方が普通なのかな。

ffmpegXの現在のバージョンで

flashにコンバートできるなんて知りませんでした。これは便利。必要になったらWinの方でSUPER(C)というフリーのソフトを使おうと思っていましたが、これでもう必要なし。どんどん便利になりますね。

2007年2月 8日 (木)

「OS X ハッキング!」でもMacFUSEを扱う!

やった〜! いつも楽しみにしている海上忍さんのOS X ハッキング!でもMacFUSEを扱っています! 次回はntfs-3gを扱うそうなので必見ですね。われわれド素人が知らない裏技とか期待しちゃいます。外付けハードディスクへのコピー速度が遅い件も扱ってくれるとうれしいな。

2007年2月 7日 (水)

Jobsのメッセージ Thoughts on Music

これは一読の価値あり。Jobsってスピーチだけではなくて文章を書くのもうまいのね。ただし本当にJobsが書いていたらの話だけど。

(旧情報)VirtueDesktopsが知らぬ間にβに

なっていました。去年の11月の話なんですねえ。しばらく見てなかったからなあ。気に入っているソフトの1つです。

2007年2月 5日 (月)

Vistaこえ〜。【ついに出た無断ファイル消去機能!】

Zap2さんの当然So! 経由で知りましたが、田村氏のこの記事ってVista購入を考えている人は必読ではないでしょうか。MSもアップデートを立て続けに出さなくてはならず大変ですねえ。とか言っていたら想定内だったりして...

2007年2月 3日 (土)

Parallels Desktop for Mac RC 2 その2

Parallels経由でのドラッグ&ドロップによるでNTFSフォーマットの外付けハードディスクへのコピーですが、この前使った100,7メガバイトのフォルダーをコピーしたところ34秒で終了しました。今までテストした結果をもう一度まとめますと、

Boot Campパーティション (NTFS、MacFUSEで直書き) 
19秒

外付けハードディスク (NTFS、MacFUSEで直書き) 
2分26秒

外付けハードディスク(NTFS、OSXのフォルダーをParallels経由でWindows側でコピー)
34秒

なかなか優秀な速度だと思います。MacFUSE(+NTFS-3g)による外付けハードディスクへのコピー速度が今のバージョンだと異様に遅いということを書きましたが、これでしばらくの間の代用策になりそうです。

100連発はつらそう...

カテゴリーがMacですがお許しを。ASCII24の特集【ここが変わったWindows Vista 100連発!】にざっと目を通してみましたけど、確かにMacユーザーにとってグっとくるような機能ってないですねえ〜
まあWindowsユーザーが対象の特集ですから当然といえば当然ですが。逆にいうとWindowsしか使ったことがないユーザーにとって紹介されている機能ってやはり斬新なものに映るのだろうか。と、ちょっとWindowsオンリーのユーザーの気持ちになって連発を見てみると、ありましたよん。XPに比べて非常に斬新的な部分が。GUIベースで分かりやすくなったインストールです!わたしの職場はずっとWindows2000を使っていて、XPに移行したのはかなり遅かったのですけど、初めてインストールした時の衝撃は忘れられません。インストール開始時の文字ベースの画面をみてまだこんなことしてんの?みたいな。CUIもLinuxのインストールだったら何とも思いませんが、高い金を取るOSであれでは...このことから想像するとWindowsオンリーのユーザーにとってGUIベースのインストールって衝撃的なのではないでしょうか。

ホイヤーさん、確かにキラリとするところは皆無ですねえ(笑)
強いて言えばβ版をいじった時に感じたキビキビ感ですが、常にパワー全開ではきびしそう!

Parallels Desktop for Mac RC 2 (Build 3150)

先程試してみました。インストールが全体的にスムーズで、ギコギコしたところは今回全くありませんでした。前に使った40のJPGファイルを含む25,3メガバイトのフォルダでコピー速度を測ってみました。USBメモリへのコピー速度は変わっていませんでしたが、ドラッグ&ドロップによるコピーではなんと前回計測の半分以下の2秒弱まで速度アップ! XP側からOSX側へのコピーでは1秒ちょっとぐらいです。すごく磨きがかかりましたね。

ふと今思いついたのですが、EyeTVの巨大ファイルをドラッグ&ドロップを使ってParallels経由でNTFSファーマットにコンバートしてしまった外付けディスクにコピーなんてできますかね? 明日実験してみます。

2007年2月 2日 (金)

Gmailがヨーロッパから消える?

フィンランドのmikropcのニュースに載ってました。EU全体でGoogleはGmailという名称を使えなくなるみたいです。既にドイツでは使えなくなっていたみたいですね。

2007年2月 1日 (木)

macallyからSATA 2.5 ハードディスク用の外付けケース

が出てます。インターフェースはUSB 2.0、 FireWire400、FireWire 800のやつとUSB 2.0 、FireWire 800、eSATA の2種類です。詳しいスペックはこちらをどうぞ。価格は前者が70ユーロ、後者が85ユーロです。これまでUSで主に売られていたUSB 2.0、 FireWire400、FireWire 800の3つを備えたケースはヨーロッパでも100ユーロぐらいしていたのでかなり手頃な価格になりましたね。写真を見る限りですが、USで売られていたのと似ているので下請けは同じかもしれません。まだ市場には出ていないみたいですが、2ヶ月もすれば出回るでしょう。早めに注文しておこうかな。

ちょっち哀れなVistaのニュース

CNET Japanのこの記事を読んで少しマイクロソフトがかわいそうになりました。以下引用。

”... 新ソフトの感想を聞き出そうとするカメラの列が注目したのは、Ballmer氏だけでなく、米国太平洋標準時30日の午前10時に店頭に集まった客数の少なさだった。”

爆!

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック