« iPhoneから想像すること (付け加え) | トップページ | CrossOver Mac 6.0と価格 »

2007年1月11日 (木)

ファストユーザスウィッチをコマンドラインから実行

前からできるのかなと思っていましたが、ログインウィンドウを出すまではできるということがわかりました。情報の出所はここここです。

要約すると直で特定のユーザのログインウインドウを出したい場合は

/System/Library/CoreServices/Menu\ Extras/User.menu/Contents/
  Resources/CGSession -switchToUserID ユーザID

全ユーザがリストされているログインウインドウ(起動時に出てくるあれです)を出す場合は

/System/Library/CoreServices/Menu\ Extras/User.menu/Contents/Resources/CGSession -suspend

とコマンドで打ち込めばうまくいきます(コマンドが2行に割れてしまっていますが、実際には1行です)。後者の方はあの見事なキューブエフェクトが見れませんけどね。ユーザIDはコマンド id とオプション -u を使って下記ののように求めることができます。

id -u misabazooka

で、これを何に使えるのと訊かれるとまったく答えられないミサでした(笑)たまには雑学もいいさ!

« iPhoneから想像すること (付け加え) | トップページ | CrossOver Mac 6.0と価格 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファストユーザスウィッチをコマンドラインから実行:

« iPhoneから想像すること (付け加え) | トップページ | CrossOver Mac 6.0と価格 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック