« EyeTVのコマンドラインによる遠隔操作 | トップページ | TigerユーザにはBoot Campが有償に?(ちょっち古いですね^^) »

2007年1月18日 (木)

EyeTVのコマンドラインによる遠隔操作 その2

今日友人と題の件について話した時に「予約録画すればいいんじゃないの?」と言われましたが、これですと1)安全性の問題は変わらない、2)スリープからうまく起きてくれないことがある、3)スリープから起きても録画が途中で止まることがある、4)いない間ずっとEyeTVが立ち上がっているので電力を無駄に使う(せこい!)等の問題(なのか?)があります。SSH経由の遠隔操作と予約録画に加えMacBookの起動時間設定の組み合わせ等も色々考えましたが、やっぱり止めておきます。保険に入っているといっても火事になったら全部の責任取れませんからね。幸いAliasの最終回は先週でしたので見れないのはHouseとThird watchだけです。安心して起動したままにできるデスクトップも欲しくなりました。

« EyeTVのコマンドラインによる遠隔操作 | トップページ | TigerユーザにはBoot Campが有償に?(ちょっち古いですね^^) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EyeTVのコマンドラインによる遠隔操作 その2:

« EyeTVのコマンドラインによる遠隔操作 | トップページ | TigerユーザにはBoot Campが有償に?(ちょっち古いですね^^) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック