« Parallels Desktop Beta 3036 その2 | トップページ | USB 2.0 vs. Firewire 400 »

2006年12月 9日 (土)

Parallels Desktop Beta 3036 その2.5

3にする程の内容でもないので2.5にしておきました。気になっていたのですが、Boot Campパーティションを使うより最初からParallels側で作ったVMを使った方が起動等が速いです。最初からWindowsでブートして使う場合、メモリの面ではParallelsのVMよりも有利ですが、周辺機器の扱いがなかったらParallelsのVMでも大概の場合は充分ですね。しかし実機よりも速いなんてどういう仕組みになっているのかな。

« Parallels Desktop Beta 3036 その2 | トップページ | USB 2.0 vs. Firewire 400 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Parallels Desktop Beta 3036 その2.5:

« Parallels Desktop Beta 3036 その2 | トップページ | USB 2.0 vs. Firewire 400 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック