« JavaScriptでカーソルの位置に文字を挿入 その2 | トップページ | Parallels Desktop for Mac Beta3 (Build 3106) »

2006年12月29日 (金)

前方一致検索 X 2 = and検索

ソースを書いたついでにもう一つJavaScriptネタを。

Jeffrey E. F. Friedlさんの「Mastering Regular Expressions」に『(?=.*?this)(?=.*?that)』というような前方一致検索を二つ使ってand検索をする例が載ってましたが(ちょっと違うかもしれません。記憶に自信なし)、実はこれをOSXのPerl 5.8.6でやるとかなり遅いです。ところが、SafariのJavaScriptで同じことをさせるとメチャンコ速い! あの速さにはPerl さまでも勝てません。他のブラウザのJavaScriptではえらく遅いか使えないかのどちらかでしたので役に立たない情報ですけどね。

« JavaScriptでカーソルの位置に文字を挿入 その2 | トップページ | Parallels Desktop for Mac Beta3 (Build 3106) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前方一致検索 X 2 = and検索:

« JavaScriptでカーソルの位置に文字を挿入 その2 | トップページ | Parallels Desktop for Mac Beta3 (Build 3106) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック