« Parallels Desktop Beta 3036 その2.6.6 | トップページ | Parallels Desktop Beta 3036 その2.8 »

2006年12月12日 (火)

Parallels Desktop Beta 3036 その2.7 (Parallels Transporter)

お待たせしました。やっと「その2.7」です (笑)

今回は完全な実験ということで、Boot CampパーティションのXPをトランスポートしてみることにしました。以下手順です。

1.Boot CampパーティションのWindowsをParallels経由で起動し、ここにある Parallels Transporter for Windows Beta and Parallels Transporter Agent for Windows Betaを落としてきてインストールしてください。Windowsはこのまま立ち上げておきます。

2.OSX側でβ版のフォルダーの中にあるParallels Transporterを起動します。

Kuva01 3.Migration Modeの画面でExpressを選択しContinue。



02 4.Migration Souceの画面でBoot CampパーティションのXPを指定。




Kuva03 5.この後Migration in progressの画面になります。20ギガバイトのBoot Campパーティションのトランスポートにかかった時間は20分ぐらいでしょうか。かなり速いです。


Kuva04 6.この後にMigration is completedの画面が出て終わりです。起動してみましたが、実のBoot CampパーティションのWindowsを使うより、トランスポートでVM化したWindowsの方が速いです。ということで簡単なことをWindowsでちょこちょこする人はVMのパーティションを捨てられませんね。

« Parallels Desktop Beta 3036 その2.6.6 | トップページ | Parallels Desktop Beta 3036 その2.8 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Parallels Desktop Beta 3036 その2.7 (Parallels Transporter):

« Parallels Desktop Beta 3036 その2.6.6 | トップページ | Parallels Desktop Beta 3036 その2.8 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック