« MacBookのメモリ混在環境 その2 | トップページ | UnixとMacとOSX »

2006年10月10日 (火)

Leopardは大丈夫なの?

今日ParallelsにWindows Vista RC1をインストールしてみました。使用中はMacBookのファンがブンブン回りましたが、マックファンとしては正直ヤバさを感じました。VistaってXPよりも速いではないですか〜。しかもシャキシャキ感はTigerよりも上です。ちょっと使ってみた限りではXPをもの凄くきめ細かくブラッシュアップして洗練した感じ。使いやすさもXPよりも断然上です。Windowsにしては泥臭さが消えてかなり良いイメージだったというのが正直な感想です。Vistaがマシンのパワーをかなり食うのは本当でしょうが、そんなのはここ1年位で状況がすぐに変わるでしょう。来年の春には余裕を持ってVistaを動かせるマシンがかなり出てくるのではないかなあ。これでAppleに本当に隠し球がなかったら完全に打ちのめされそうな感じ。Leopardの部分的なデモなんかで見せた小手先の改良ではまず太刀打ちできないでしょう。Vistaが安定して動き、今までのソフトが動くのだったら特にビジネスユーザーはマックなんかに間違っても浮気しないよね。コンシューマにしても性能がほぼ同じだったらスイッチしないでしょう。

Vistaを使ってみた今ではWWDC 2006でのVista攻撃がアップルの技術者たちの焦りに感じてしまうのですが、もうアップルの技術者にはマイクロソフトをバカにするのは止めてOSXの改良だけに力を注いでほしい。この世界長い目で見たら真似をしようが後から出そうが良いものを作った方が勝ちですから。

« MacBookのメモリ混在環境 その2 | トップページ | UnixとMacとOSX »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Leopardは大丈夫なの?:

« MacBookのメモリ混在環境 その2 | トップページ | UnixとMacとOSX »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック