« Seagate死す | トップページ | MacBook不規則電源断の問題 その2 »

2006年9月14日 (木)

CrossOver MacとVM

CrossOver Macを試してみましたが、なかなか良くできていると思います。サポートされてないWinソフトがMac上で動いて感動しました。で、買うかどうか。ずばり買わないと思います。まず完成度(使える度)がParallelsに比べたら格段に低いが値段は高い。現状でこの完成度だとWinのシステムに大きな変更が起きた時に(バグ)修正にかかる時間はかなりのものでしょうし、それでも苦労して動かしたいのは生産性を気にしないマニアだけでは。わたしの場合Parallelsは仕事に使えますけどCrossOverは正直(怖くて)使えないですね。あと長時間Winを使うのだったらやはりBootCampでWinをインストールして使った方が格段に快適でしょう。

Parallelsの出来が良すぎたので、最近こういうものに対する見る目が少し厳しくなっているかもしれません。もうWin側は充実しているので、Macの資産であるクラッシック環境がもう少しなんとかならないかなあ。SheepShaverの完成度がもう少し高くなればいうことないんですけどね。いや、現状でも満足してますけど。

« Seagate死す | トップページ | MacBook不規則電源断の問題 その2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CrossOver MacとVM:

« Seagate死す | トップページ | MacBook不規則電源断の問題 その2 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック