« MacBook用の空冷台 | トップページ | BoincでMacBookを再テスト »

2006年8月 8日 (火)

MacBook自然治癒す

新しいマザーボードが届くのが早くて今月の末ということでMacBookが一時帰宅したのですが、例の症状が現れません。まだ何も交換していないしおかしいなあ。もう30回以上起動させてみましたが、Boot CampでWinも動くし全く問題なし。喜んでいいやら悲しんでいいやら。起動以外はずっと調子が良かったので、今月末までに何も起きないようだったらマザーボードを交換してもらうのはやめようと思ってます。

Leopardは期待が大きかっただけに今のところネットの掲示板等では「なんだ、こんなもんか」見たいな意見が多いですね。確かにLinuxで常識のヴァーチャルデスクトップはあまり大きな声で宣伝してほしくなかったなあ。それでもわたしはTime Machine一つでも買いかなと思いますけど。VMwareがとうとうMacの世界に進出してきましたけど、Parallelsの後ではインパクトが全然ないですねえ。個人的にはBoot Campや仮想化環境は今でももう十分です。そんなのよりもあれほどMSの悪口を言ったのですから、OS Xをもっと磨いてほしいですね。少なくともMac上でVistaに負けないように。OS Xがいくら古いベンチテストだとはいえParallels上で動くXPに負けるのを現実に見ると悲しくなります。

« MacBook用の空冷台 | トップページ | BoincでMacBookを再テスト »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MacBook自然治癒す:

« MacBook用の空冷台 | トップページ | BoincでMacBookを再テスト »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック