« MacBookの不具合 | トップページ | MacBookのハードディスク用外付けケース 続き »

2006年7月19日 (水)

MacBookと周辺機器のソフトとBoot Camp

スキャナー(Epson Perfection 2580 Photo)と今日買ったポケットデジカメ(Olympus mju700)のソフトはどちらもPowerPCソフトです。ロゼッタを通して動くソフトって暴走するのがあるので心配だったのですが、今のところどちらもそれほどプロセッサパワーを使うことなく動いています。mju700付属ののOlympus Masterはもうアップデータが出ていて早速アップデートしたのですが、アップデートの最中だけめちゃくちゃプロセッサのパワーを使ってました。もちろんMacBookも熱くなって嫌な感じでしたが。あまり熱くなるようだったらBoot CampでWindowsを入れてWin側での周辺機器の対応を考えてたのですが今のところそこまでする必要はないみたいです。Parallelsは残念ながら周辺機器を使う時にはあまり役に立ちませんねえ。Boot CampはLeopardで正式版になるまでは入れたくないなあ。

« MacBookの不具合 | トップページ | MacBookのハードディスク用外付けケース 続き »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MacBookと周辺機器のソフトとBoot Camp:

« MacBookの不具合 | トップページ | MacBookのハードディスク用外付けケース 続き »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック