« MacBookのならし運転終了か? その2 | トップページ | OSX TigerでCGIがおかしい »

2006年6月10日 (土)

MacBookのベンチテスト

今までベンチテストってあまり興味がなかったんですけど1GBx2のメモリが来たので計測してみました。使用したのはXbench 1.2です。結果からいうとメモリ交換前の47,30に対して交換後は51,64で僅かながらテスト値が向上しました。ベンチテストの基準になっているPowerMac G5 2.0GHzに比べて際立って良いのはThread Test (196.73, Computation 179.88, Lock Contention    217.07)とOpenGL Graphic Test (Spinning Squares 215.73)です。この前の比較テストで使用したPowerMac G5は102ポイントですので、やはり全体的に見るとデスクトップの敵ではありませんでした。

« MacBookのならし運転終了か? その2 | トップページ | OSX TigerでCGIがおかしい »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MacBookのベンチテスト:

« MacBookのならし運転終了か? その2 | トップページ | OSX TigerでCGIがおかしい »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック